負債の種類

負債と一言で言っても簡単ではありません。
この負債と呼ばれるものにも多くの種類があります。
企業会計原則のもとでの賃借対照表上では、負債は資本とともに貸方の方に記載されています。
これは固定負債と流動負債とに区別されます。
固定負債は、普通1年以上たった後に弁済の期限がやってくる負債のことです。
これには弁済期間が1年以上先にある社債や長期借入金が含まれています。
また、引当金の中の退職給付引当金などは、普通1年以上超えて使用されるため、
長期負債性引当金も固定負債に含まれます。

流動負債は、普通1年以内に弁済期限がやってくる負債の事です。
買掛金や支払い手当などの取引先との普通の商取引によって生じた負債には、
正常営業循環基準が適用されます。
原則として流動資産に分類されます。
借入金などには一年基準が適用されて、弁済期間が1年以内にやってくるものだけが流動負債に分類されます。
また、前受収益などなどの次期収益に繰り越されるべき勘定科目と引当金のうち、賞与引当金のように普通1年以内に使用される短期負債性引当金も流動負債に属しています。

これらの代表的なものとして、
固定負債は、社債や長期借入金、長期繰延税金負債や退職給付引当金などがあり、
流動負債は、支払手形や買掛金、未払金に短期借入金、賞与引当金などがあります。

あしたのためにについて

copyright(C)あしたのために