負債とは

負債とは、一般的には、慣習法や法律によって他人に対して弁済すべき責務のことで、借金などが代表的です。
また、財務会計上では会社が返済などする必要がある経済的負担の事をさします。
これは、勘定科目の区分の1つです。
文脈によっては、他人資本の事ともとれます。

この負債には、会社にとっての法律上の責務のことと、法律上は責務ではないですが、期間損益計算という観点から合理的に負債として計上されている項目があります。v 勘定科目の負債に分類されるもののうち、法律上の負債になっているものは買掛金や借入金などの確定責務や退職給付引当金といった条件付責務と法人税等引当金などの金額不確定責務があります。

法律上の責務ではない一部の引当金などは、将来会社に経済的に負担になるものが高いため、期間損益計算の観点から合理的に負債に計上されます。

資産負債アプローチと呼ばれる会社の財産計算を財務会計の目的に置く静態論の立場からは、資産と負債の額を出して、その差額を純資産の額ととらえています。

これに対して、収益費用アプローチと呼ばれる会社の収益力を財務会計の目的に置く動態論の立場からは、賃借対照表の貸す方は企業の資金調達の源泉を表しています。
負債の方は金融機関などから調達した他人資本、株主から調達した株主資本などとして表わされています

あしたのためにについて

copyright(C)あしたのために